免震・耐震について

耐震構造:
建物の構造(柱や梁)自体が地震に耐えるような強度に造られているもの。地震で生じる揺れに耐えるように設計された構造のこと。 ただし、地震に耐えるように設計はしているが、建物(建物が保有している機能停止も含む)に被害が生じるのは許容とされている。建物は金物等でつなぎ地震に耐えるようにしているが、揺れに関しては増幅するので、家具等は転倒し被害を受ける。

----------------------------------------

免震構造:
建物と基礎を(積層ゴム等で)切り離して、地震の揺れを建物に直接伝えないようにした構造。地震に強いだけではなく、揺れそのものを軽減するので、家具等の転倒を防げる。 免震住宅のメカニズム 支承(建物を浮かせた状態で支える)←単球式、複球式、すべり支承などのタイプがある 減衰材(揺れを抑えるクッション的な役割)←オイルダンパー、積層ゴムなどがある。 復元材(建物を元の位置に戻す)←重力式、ゴム式などがある。

免震性能のランク    
Aランク→大地震時に、食器棚の食器が落ちず、花瓶も倒れない    
Bランク→大地震時に、食器棚の食器が数個、落ちる程度    
Cランク→大地震時に、食器棚は倒れないものの、ほとんどの食器が落ちてしまう。    
※ランクが上がるほど、コストもかかる。

----------------------------------------

地盤:
免震住宅は、地面が揺れる周期と建物が揺れる周期をずらすことで、建物の応答加速度を抑える。ところが、地盤がゆるい(軟弱地盤や液状化地帯)と地震動が変化するために、免震にしても、地盤と建物の周期が一致してしまい、免震住宅を建てても意味がない。どのような地盤かはとても大切なことである。

----------------------------------------
参考文献:
住まいをもっと知りたい人のdoor vol.1 地震に強い家  / 日経BP社
耐震・免震・制震のはなし   / 日刊工業新聞社

----------------------------------------